>  > 風俗デビュー快楽とちょっとの反省

風俗デビュー快楽とちょっとの反省

女性との接触が全くなく、風俗のお世話になると決めてから実際に行くまでにけっこう時間がかかりました。緊張してなかなか一歩がでなくて。頭の中ではああしてこうしてと考えていたものの、嬢を目の前にしたら固まっちゃって考えていたことほとんどできなかった。初回はこんなものか?同年代の嬢だともっと恥ずかしい気がしてちょっと年が上っぽい女性を選んでみました。これが正解かどうかもわからない。棒立ちに近い自分をリードしてくれようとしたけど、それにもちゃんとこたえられなかった気がする。まな板の上の鯉の状態だったなあ。それはそれでいいんだろうけど、なんかもったいなかったような気もする。女性がまたがって俺の身体じゅうを舐めてくれて、ホント情けないけどあっという間に出ちゃった。舌の感触がなんとも言えなかった。経験したことのない快楽で感動もあったし、簡単に終わってしまったことへの反省も少々あり。じっくりと攻めようなんて思っていた自分がおかしくなる。早漏と思われたかも。それもコッパズカシかった。相手はプロだしそんなことどうでもいいのかな。風俗デビューがこんな感じで満足いったのか微妙だけど気持ちは良かった。

風俗嬢ってすごいです

俺は最近ちょっと友達と話をしていてもある子の顔が浮かんできちゃってます。それもかなりはまっている風俗嬢です。俺は昔からとにかくイキにくいタイプで彼女ともそれで別れたことがあるほどです。そんな自信を失っている俺にこの前友達がいい風俗嬢を紹介してくれました。そこはめっちゃ優しい風俗嬢がそろっていてとにかくそういう男でも受け入れてくれるとのことでした。俺は緊張しながらそのホテヘルへ行きました。受付の記入の場所に悩みという欄があったので正直にそこは書きました。うまい子紹介するからと店員さんに言われて待合室で待っているとかわいらしい背の小さ目の子が来ました。この子がそんなテクニックを持ってるとは思えませんでしたが、その後優しいですし、何しろゆっくりとフェラして手コキして謎のローションを使ってイカせてくれたのは驚きでした。全然気にすることないよ〜やり方が違っただけだよ〜とソフトに話しかける風俗嬢に本気になりそうでした。

[ 2015-05-28 ]

カテゴリ: 風俗体験談