>  > ご無沙汰だったエステ系風俗店へ

ご無沙汰だったエステ系風俗店へ

最近ご無沙汰していた風俗店に通ってきました。平均年齢は若い子というよりも、酸いも甘いも知っているお姉さんという感じの20代後半から30代といった年齢幅で、風俗のジャンルでいえば、性感マッサージやエステといったものと、デリヘルが混ざっているような感じでしょうか。とにかくここの嬢は、テクニックが素晴らしいし、エロい子が多いので、日々の鬱憤を晴らしたいと突撃してきた次第です。30代前半の見た目年齢ですが、アラサーのおばさんというよりは、エロオーラをまとっているお姉さんという感じの中々の上玉嬢が相手をしてくれました。服の上からでも分かる、豊満なバストにおっぱい好きの僕は思わず反応してしまいます。今回は、ヘルスコースではなく、回春コースをチョイスしていたため、ハンドサービスでのフィニッシュでしたが、緩急や強弱をつけたハンドテクニックと、絶妙な焦らし。さらには淫語責めで大興奮することができ、大量にフィニッシュさせてもらいました。

ポスティングちらしを見て初めてのデリヘル

少し昔の話になりますが、私が初めてデリヘルの存在を知ったのは自宅に投函されていたポスティングチラシでした。風俗といえばたいてい歓楽街のお店に足を運ぶものだと思っていたのですが出張してくれるサービスがあるとは驚きでした。実際の店にいくのは風俗経験のない私にはとても敷居の高いものでしたが、電話だけで話しが済むというのは少し手軽な感じがしました。しかし、風俗初体験というのはやはり緊張するもので、いざ電話をしようと思うとドキドキしたものでした。実際に体験してみようと思った私でしたが、さすがに自宅に呼ぶのは不可能なので(既婚です)ホテルを利用することにしたのですが、ホテルに入ってから電話すればいいのか、入る前がいいのか、そんな次元です。実際にはホテルに入る前に電話をし、アポをとってからが良いだろうと思ったのですが、部屋番号が必要ということで、部屋に入ってから改めて部屋番号を伝えるために電話しました。まもなくして女の子がやってきて、60分コースをお願いしましたが、緊張のあまり30分以上雑談をしてしまい、メインのサービスを受ける時間が30分程度しかないという事態になってしまいました。女の子も慣れない私を気遣ってサービスをしてくれたおかげで(?)一応本来の目的は果たして帰ってきました。風俗サービスそのものが初体験でしたが、私のデリヘル初体験はずいぶんと慌ただしいものになってしまいました。基本的にはお店のかたとは電話でしか接触しませんし、女の子を待っている時間もずっと一人なので私のように風俗初体験の方はデリヘルから初めて見るのもいいかもしれません。

[ 2016-08-07 ]

カテゴリ: 風俗体験談